ほび太のFX短期トレード情報

4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析中心の短期トレードブログ。ポイントを解説していきますよ。

豪ドル円 短期トレード(豪消費者物価指数)

短期の豪ドル円の見通しをお届けします。 豪小売売上高に続き、月次ではありますが、豪消費者物価指数まで予想以下の結果になっています。その事から、次回の豪政策金利は現状維持、もしくは利上げ減速の可能性があります。 テクニカル分析では、週明けの窓…

豪ドルドル 短期トレード(豪小売売上高の影響)

豪ドルドルの短期的な見通しをお届け。 週明け、豪小売売上高の予想以下の結果や中国国内でのデモなどで、豪ドルドルが短期的に落下しましたね。 テクニカルでは、4時間足をエリオット波動4波のダウントレンドを予想。1時間足は、エリオット波動5波のアップ…

ドル円 短期トレード

ドル円の短期的な見通しをお届けします。 今週のドル円は、FOMC議事録の期待から、現在ドル買いが先行中でドル円が上昇。先週の米小売売上高が予想以上の結果だったので、再び0.75%の利上げに期待が集まっている状況です。その他、経済指標にも注目していき…

豪ドルドル 短期的に見通し(豪賃金指数に注目)

短期的な豪ドルドルの見通しをお届けします。 今週の豪ドルドルは、豪賃金指数・米小売売上高・豪雇用統計に注目が集まります。 テクニカルでは、4時間足はエリオット波動C波のアップトレンドを予想。1時間足はエリオット波3波のアップトレンドを予想。 さて…

NZドル円 短期トレード(NZインフレ予想に注目)

短期的なNZドル円の見通しをお届けします。 今週は、NZ2年インフレ予想・米中間選挙・米消費者物価指数に注目が集まります。 テクニカルでは、日足・週足から伸びているアップトレンドラインに支えられているNZドル円は、引き続き上昇トレンドにいます。やは…

NZドル円 短期トレード(NZ雇用統計)

短期のNZドル円の見通しをお届け。 幅広いレンジ相場が続いている現在のNZドル円ですが、今日発表されたFOMCで、今後円買い圧力で落下していくのかに注目。 さて、今日までのNZドル円ですが、雇用統計では、失業率は前回と変わらづですが、雇用者数が増加し…

カナダドル円 短期トレード(BOC政策金利)

短期のカナダドル円をお届けします。 今日発表されたFOMCは、前回以上のタカ派発言もなく、逆に利上げペースを緩める示唆を出した事から円買いが優勢。カナダドルも円買い圧力が優勢となっている為、カナダドル円も下目線の予想を継続。 さて、現在のカナダ…

豪ドル円 短期トレード(豪政策金利)

短期の豪ドル円の見通しをお届けします。 今日は豪政策金利の発表がありましたね。内容については、今後のインフレ状況に不透明な発言。ただ、若干金利引き上げを示唆した発言のようにも聞こえた為、ザックリ言えば、経済指標次第という事でしょう。 さて、…

豪ドルドル(豪小売売上高)

短期の豪ドルドル相場の見通しをお届け。 さて、先日の豪消費者物価指数に続き、豪小売売上高も予想以上の結果となった事に、金利利上げが加速する可能性が、一段と強くなってきました。また、この結果に豪ドル買いが加速。 11/3に発表される豪政策金利に注…

カナダドル円 短期トレード(BOC政策金利)

BOC政策金利の発表があり、ハト派よりの発言にも関わらず、限定的な落下を見せたカナダドル円ですが、その背景には、米金利利上げの鈍化が浮上してきた事が、米ドル売りを誘い、カナダドル買いになっているのが現状です。 それでは、短期的なカナダドル円の…

豪ドルドル 短期トレード

来週の豪政策金利の発表を控える豪ドルドル相場ですが、先日の豪消費者物価指数では、予想を上回った事により、再び利上げが加速する可能性が浮上しています。まだ、政策金利についての報道はないものの、少しタカ派よりに見ていきたいと思います。 一方米ド…

ドル円 短期トレード

米PMIが予想以下の結果となった事で、米金利利上げ鈍化の思惑が広がってきた今週のドル円。現在152円〜147円まで下落していますが、まだまだ方向転換を予想するには早く、早くても来週の経済指標の展開次第で、ドル円の方向性を見ていきましょう。 それでは…

カナダドル円 短期トレード(カナダ中央銀行の一段の利上げ示唆)

短期のカナダドル円は、円売りが再発した影響で、カナダドル円も上昇。加えて週初めの報道では、カナダ中央銀行から、今後さらに利上げを行う必要があるなどの利上げ示唆が注目を集めた為、更なるカナダドル買いとなっています。 それでは、もうしばらく上昇…

NZドル円 短期トレード

短期的にNZドル円が上昇しています。原因は、NZドルドルが底をつき、NZドルの買い戻しに入っているのと、ドル円が145円を突破し、円売り圧力が加速している事で、NZドル買い/円売りの展開になっています。 今日と明日で、米インフレ経済指標が発表されます。…

カナダドル円 短期トレード

先週のカナダ雇用統計の結果で、短期的に流れが変わったカナダドル円。クロス円では、上値が重い中、カナダドル円だけは、徐々に上昇しています。 今週は、米インフレ指標がある中どんな相場展開になるのかを、短期的なカナダドル円相場の見通しを解説してい…

NZドル円 短期トレード

昨日はRBNZ政策金利の発表があり、声明ではタカ派の発言でNZドル買いの流れに。 ただし対円では為替介入の影響もあり、上値が重たい状況ですね。又、米ドルも景気後退の警戒からリスク回避の円買いの動きに。従って、ここからは日足を落下目線に切り替え、又…

豪ドルドル 短期トレード(米景気後退を材料に)

昨日発表されたRBA政策金利の内容は、今後の景気状況の様子見との判断で0.5%〜0.25%の利上げに変更した、との見方でいるほび太。RBAが若干ハト派姿勢になった割には、豪ドルドルが上昇。その背景には、米景気後退が材料視されていると予想。 とりあえずテク…

豪ドル円 短期トレード

RBA政策金利が、0.5%の予想から0.25%の利上げ結果になりながらも、今後も更なる追加利上げが必要となる可能性があると、声明では若干タカ派よりのRBA。 さて、RBA政策金利が終わり、次の材料はADP雇用者数と米雇用統計に注目が集まります。大幅な利上げから…

カナダドル円 短期トレード

今週の注目材料は、カナダ雇用統計・米雇用統計とその他の米経済指標です。他、引き続き、日本政府の為替介入の影響にも注目です。 テクニカルでは、日足のダウントレンドの前兆となるエリオット波動A波を予想している為、落下傾向にあると予想。短期でも、…

カナダドル円 短期トレード

久しぶりのカナダドル円の予想になります。カナダ経済の状況は、ほとんどわかりませんが、今日はテクニカル分析だけで、カナダドル円を予想していきます。 まずは結論から言うと、日足はアップトレンドが継続中なので、まだまだ上昇目線でいきましょう。では…

豪ドルドル 短期トレード(来週のRBA政策金利に注目)

米ドル買いが先行し過ぎている豪ドルドル相場。FRBが積極的な利上げを行うと発言しているので、今後も米ドル買いが続くと思いますが、RBAも、また積極的な利上げを行う見通しなので、豪経済も無視できません。 さて、現在の豪ドルドル相場は、落下の終盤戦と…

NZドル円 短期的な見通し

FOMCのタカ派的発言で、更なる円安を想定していましたが、日本政府からの為替介入の影響で、現在はNZドル円が落下中。 まぁ〜アメリカの金利状況も飽きて、一旦は米ドル売りに触れたのも事実ですが。ただ、長期的に見ればNZドル円は上昇目線で、短期的もしく…

豪ドル円 短期トレード

明日の朝方3時のFOMCに注目が集まります。今回は0.75%の利上げが濃厚であり、そこは既に織り込んでいる状態です。今回注目を集めるのは、その後の利上げについてです。 その他、明日発表となる日銀政策金利に注目が集まります。 それでは、豪ドル円の短期的…

豪ドル円 短期トレード(米消費者物価指数に注目)

再来週のFOMC前に、米インフレ指標の発表が続くので注意してください。 豪ドルに対しても、豪雇用統計の発表があるので注目していきましょう。 さて、円売りがピークを迎えてる!っと一部メディアが報じていますが、テクニカル分析上では、まだまだ上昇目線…

豪ドルドル短期的な見通し(速報)

現在パウエル議長のディスカッションが続いて、ジャクソンホールの時と同様に、インフレ制御に向け力強く行動していくと発言。 これに対し、豪ドルドルは下値を更新する事なく、0.67付近をキープしています。 そこで、今日は今後の豪ドルドルの方向性を、サ…

ドル円 短期的見通し(パウエル議長の発言に注目)

今週木曜日に、パウエル議長がディスカッションで発言する内容に注目が集まります。 内容は、今後の利上げについてだと思うので、9月のFOMCに大きく影響する予想をしています。もちろん市場も注目しているでしょう。 さて、現在1時間足のドル円は、エリオッ…

豪ドル円 短期トレード(豪主要経済指標に注目)

円売りは継続しているが、ドル買いは鈍化しているような感じがする週始めの為替。そろそろ米ドル買いも終わりそうかなぁって思っていますが、果たしてっと言った所。 さて、短期的な豪ドル円としては、豪主要経済指標とパウエル議長の発言の材料に注目が集ま…

豪ドルドルの短期的な見通し (豪政策金利に注目)

米雇用統計が悪化した事で、そろそろ方向転換しても良さそうと思っていましたが、先日のジャクソンホールでのパウエル議長の発言が印象深いのか、米ドル買いが後退する事がない様子。 そんな中、来週は豪政策金利の発表です。その他、豪実質GDPなどの発表。…

豪ドル円 短期トレード(落下に注意)

今週の豪ドル円は、注目材料を出尽くした事もあり、動きが鈍い展開となっています。 唯一、パウエル議長の議会証言が注目されましたが、FOMC以上のタカ派発言が出なかった事もあり、相場の動きが限定的。 逆に利益確定売りがでている印象があります。 その事…

ドル円 短期トレード(パウエル議長の議会証言に注目)

明日以降の注目する材料としては、22日に上院銀行委員会、23日に下院金融サービス委員会でパウエル議長の半期議会証言があります。 内容は、やはり今後の政策金利についてでしょう。この議会証言での発言で、相場が動くかもしれないので警戒してください。 …